デジもの

B&Wの最上位スピーカーシリーズがさらに進化 数百もの細部の改良を実施

0907 B&Wの最上位スピーカーシリーズ-img

 英国スピーカーブランドBower & Wilkins(以下、B&W)は、同社最上位に位置する800 Series Diamondの第4世代モデル群を、9月下旬より順次発売する。キャビネットの構造の強化を中心に、特徴的な形のトゥイーターなど、ユニットに至るまであらゆる面でブラッシュアップされている。取り扱いはオーディオ機器のディーアンドエムホールディングス(川崎市)。

 B&Wは、アビーロードスタジオへの導入でも知られる英国きってのメーカーであり、800シリーズは日本でもオーディオファンに親しまれた存在で、長年人気を保ってきている。新シリーズは前例にならい型名末尾がD3からD4に変更。またトップモデルに801の名が復活。仕上げは、グロス・ブラック、サテン・ホワイト、ローズナットに、新たにウォールナットが追加された(HTM81とHTM82はグロス・ブラックとサテン・ホワイトの二色展開)。

0907 B&Wの最上位スピーカーシリーズ-m1

 ラインアップは、フロア型801 D4(260万7,000円~)を筆頭に、802 D4(205万7,000円~)、803 D4(163万9,000円~/1台)、804 D4(95万7、000円~)、ブックシェルフ型805D4(53万9,000円~)とセンタースピーカーHTM81 D4(104万5,000円~)、HTM82 D4(80万3,000円~)がある。価格はすべて1台・税込みで、センタースピーカー以外はペア販売となる。

0907 B&Wの最上位スピーカーシリーズ-m3

 主な改良点は、キャビネット上部のパネルを従来の木製からアルミに変更して剛性を高め不要な共振、共鳴を排除したこと。この高剛性ボディは、803 D4、804D4にも搭載されるようになった。また上部に載せられた無垢アルミ削り出しのトゥイーターはさらに長くすることで不要な残響音の消音効果を高め、本体との分離化も徹底して振動の影響を抑えている。