デジもの

東芝エルイートレーディングがCDラジカセ発売 機能強化した6年ぶりの新モデル

1025 東芝が機能強化したCDラジカセ新モデル-img

 東芝エルイートレーディング(東京)は、CDラジカセ「TY-CDS8」(市場想定価格8,000円前後・税込み)とリモコン付属の「TY-CDH8」(同9,000円前後)を、10月下旬に発売する。2015年発売の前モデルから6年ぶりのフルモデルチェンジで、この間のユーザーの声をもとに、音量、音質、操作性、利便性を向上させたとしている。

1025 東芝が機能強化したCDラジカセ新モデル-main

 出力は従来の1.7W+1.7Wから2.0W+2.0Wとパワーアップ。また楽曲に合わせて選べる4プリセットの音質モード(FLAT/ROCK/JAZZ/CLASSIC)を内蔵する。ラジオはよく聴く放送局の登録数がFM/AM各4局からFM10局/AM5局に増やされた。ボタン類は押しやすく見やすいように大サイズ化したり、電源コードを横差しにして奥行を取らないようにしたりするなど、使いやすさや、操作のしやすさを向上させている。

1025 東芝が機能強化したCDラジカセ新モデル-sub1 1025 東芝が機能強化したCDラジカセ新モデル-sub2

 CDでは2点間リピートや電源を切っても前回停止した位置から聴けるレジューム再生が可能。カセットテープへの録音はCD/ラジオ/外部入力音源とのマイクミキシングもできるようになっている。スリープタイマーを内蔵。電源はAC100Vまたは単2型乾電池×6本、本体の大きさと重さは、幅300㎜×奥行210㎜×高さ110㎜・約1.8kg。