デジもの

オーディオテクニカが360 Reality Audio 認定の開放型ワイヤレスヘッドホン

1108 オーディオテクニカが開放型ワイヤレスヘッドホン-img

 音響機器のオーディオテクニカ(東京都町田市)は、ワイヤレスヘッドホン「ATH-HL7BT」を11月12日に発売した。オープンエアー構造による解放感のある着け心地で、立体感ある再生の360 Reality Audio音源も十全に楽しめる認定モデルとなる。市場想定価格は、2万円前後(税込み)。

1108 オーディオテクニカが開放型ワイヤレスヘッドホン-sub

 本体の背面部分を密閉しないオープンエアー構造は、密閉型のような圧迫感が抑えられ、空気の流れによる自然な音の鳴りや広がり、余韻を感じることができる。軽量設計の220gで、頭などとの接触面を大きくすることで負荷を分散し、また装着感と音質を両立するイヤーパッドで長時間再生しても疲れにくい。

1108 オーディオテクニカが開放型ワイヤレスヘッドホン-main

 53mm口径のドライバーは、独立したDACとアンプと相まって低域から高域まで自然で伸びやかに再現。付属ケーブルによる有線接続も可能で、有線接続では高密度なハイレゾ音源まで余すことなく楽しめる。電池持続時間は最大20時間で、約10分の充電で約150分間、聴くことができる。

1108 オーディオテクニカが開放型ワイヤレスヘッドホン-sub2

 音量や音質のカスタマイズができる専用アプリを用意。ステップ数を増やしてより微細な調整ができるボリューム、4パターンのプリセットイコライザー、自分の好みの音に最適化できるグラフィックイコライザー/パラメトリックイコライザーがコントロールできる。また360 Reality Audio 認定モデルとして、このアプリで音場やヘッドホンの音響特性を最適化することで、よりリアルで広がりのある音場空間での演奏が体験できる。