デジもの

サウンドウォリアから気軽に使える真空管アンプ登場

SWL-T20SET1イメージ
SWL-T20SET1イメージ

 音響機器の城下工業(長野県上田市)は、自社SOUND WARRIOR(サウンドウォリア)の真空管アンプ「SWL-20T」を、11月12日に発売する。前モデルのデザインを継承しながら、パール類の改良や回路の再設計を行った。直営ネットショップ専売モデルで、価格は税込み6万4,800円。スピーカー「SW-SP1」と組み合わせたシステム「SWL-T20SET1」(同7万4,800円)も同時に発売。

SWL-T20
SWL-T20

 自社による国内製造のSWL-20Tは、A4サイズに収まる小型ボディ(幅200×奥行290mm)。前段が12AX7、出力段が6BQ5×2の5極管接続で、定番の真空管によるA級シングル3.2Wというオーソドックスで本格的な構成。入力はPHONO入力を3系統のアナログ入力を装備し、レコードプレーヤーやCDプレーヤーなどを楽しめる。ヘッドホン出力(3.5mmステレオミニ)もあり、真空管ヘッドホンアンプとしても使用可能。トーンコントロール(ON/OFF付き)により高低音を好みの音に調整できる。

SWL-T20SET1
SWL-T20SET1
SWL-T20SET1
SWL-T20SET1

 SWL-T20SET1の小型スピーカーSW-SP1は、10㎝口径の低音ウーファーと2.5cm高音トゥイーターの2通りの構成。さらに背面に低音を強化する大型パッシブラジエーターを配し、サイズを超えたスケール感、広帯域再生を実現している。