デジもの

シュアから完全ワイヤレスイヤホン発売 同社初となる一体型デザイン採用

1108 シュアから完全ワイヤレスイヤホン-img

 音響機器のグロ―バルブランド、シュア(東京)から完全ワイヤレスイヤホン「AONIC FREE(エオニック フリー)」が、12月3日に発売になる。Bluetoothモジュールを本体内に組み込んだ一体型デザインは、同社初。プロ用機器で培った技術が生かされている。市場想定価格は2万5,960円(税込み)で、すでに予約受付が開始されている。

1108 シュアから完全ワイヤレスイヤホン-main

 従来、シュアは独立したBluetoothモジュールをイヤホンに取り付ける形で完全ワイヤレスに対応してきていたが、AONIC FREEは、定評ある同社イヤホンの設計を大きく取り入れながら一体化している。

1108 シュアから完全ワイヤレスイヤホン-sub

 口径6mmのダイナミックドライバーは、サポートフルームにしっかりと固定され、ダンピング機構などで特性をコントロール。これを独自設計のヘッドホンアンプで駆動し、高品位な再生を図る。コーデックはSBCのほかに、aptX、AACにも対応。外音取り込み機能、クリアな通話を可能にするビームフォーミングマイクを搭載。左右独立した通話機能も備えている。本体7時間、付属充電ケースを併用すると最大21時間の使用が可能。

1108 シュアから完全ワイヤレスイヤホン-sub1

 専用アプリを用意。複数のパターンをもつプリセットEQや直感的に使えるグラフィックEQ、細かく本格的な調整ができるパラメトリックEQで好みの音質調整が可能で、この設定はイヤホンに保存され、電源オフから復帰しても調整した状態でリスニングできるのも便利だ。