デジもの

4K/HDRやワイヤレスサラウンドに対応 テレビ用薄型サウンドバー「ソニーHT‐NT5」

サウンドバー 『HT-NT5』
サウンドバー 『HT-NT5』

 ソニーは、テレビの前に設置しやすい薄型デザインの外付けスピーカーシステム「HT‐NT5」を5月21日に発売する。高さ58㎜の薄型のスマートなデザインに加え、最新の信号規格4K/HDRに対応。また別売の対応リアスピーカーを追加してワイヤレスでサラウンドシステムを組むこともできる。価格はオープンで、店頭などでは80,000円前後(税抜)の見込み。

 平らなバースピーカーとサブウーファー部で構成されるが、バースピーカーは高さ58㎜、グリルを装着しても64㎜で、テレビの前に設置してテレビを見るときも邪魔にならない。壁掛け設置もできるが、この場合は、それを本体が自動判別して音を最適化する機能も備えている。低域用、高域用の各スピーカーを内蔵デジタルアンプで調整して、各スピーカーの動作を最適化。ハイレゾ音源も十分に楽しめる広帯域を実現しているという。

 機能面では、ワイヤレスサラウンドシステムへの拡張がポイント。手持ちのスマートフォンなどを使う同社のホームネットワーク連携機能を利用して対応ワイヤレススピーカー2台(別売)を追加すれば、映画もサラウンド効果音による臨場感たっぷりの再生が楽しめるようになる。映像系では4K/HDRパススルーに対応。対応テレビと組み合わせれば、Ultra HD Blu-rayソフトに記録されている映像/音声信号を最上位フォーマットのまま入力、再生できるので、接続やほかの機器選びに悩むこともない。簡単手軽にいい音でテレビ番組や映画ソフトを楽しむのにぴったりといえる。