デジもの

クリプトンがUSBケーブル「UC-HRP」シリーズ 独自の特許理論構造でハイレゾ再生に威力を発揮

左は1mタイプのUC-HRP1.0。右は、TypeA-microBのUC-HRP0.15のホワイトタイプ(ブラックもあり)
左は1mタイプのUC-HRP1.0。右は、TypeA-microBのUC-HRP0.15のホワイトタイプ(ブラックもあり)

 オーディオ機器のクリプトン(東京)は、PCオーディオ用として高音質化に向けた特許をもつ構造を採り入れたUSBケーブルUC-HRPシリーズを、6月下旬に発売する。この特許は先の上位UC-HRシリーズの開発で取得したデュアル構造で、精度が高くノイズを抑えた高品位な伝送による音質の向上を図っている。TypeA-Bタイプが1m長8,000円(税別、以下同様)、1.5m長9,000円、2m長10,000円、3m長12,000円の4種、DAC/ポータブルアンプなどに使うTypeA-microBタイプに15㎝長6,500円を用意している。

 もともとパソコンのデータ伝送用に考えられたUSBケーブルは、信号ラインの2芯線と電源ラインの2芯線をまとめて一体化したシングル構造を採用しており、どうしても大きな電流が流れる電源ラインが信号ラインへのノイズ干渉を及ぼしたり電気的に不安定となる。オーディオで使う場合、特に高密度となるハイレゾ音源などで音質へ影響が大きくなる。これに対してデュアル構造は、信号と電源のラインを別構造にして、セパレーターで電気的に分離して両ラインの絶縁効果をもたせ、伝送の乱れを大きく抑えている。

 新しいUC-HRPシリーズは、上位UC-HRシリーズから構造を簡略化(信号と電源のラインの間のセパレーターを2ラインの芯線の距離を離して同じ絶縁効果をもつ形に変更)しながら、電気的に同じような性能を得ている。導体はデータ伝送に最も適しているとされる銀メッキOFC線を採用する一方、きちんとした接続でインピーダンス特性の不安定化やロスなどを招かないように、しっかり端子にはまりやすい金メッキのUSB端子を採用するなど、細かいところまで理にかなった設計となっている。高価で高音質をうたったUSBケーブルは数多いが、新シリーズハイレゾの音を気軽にグレードアップしてみたいというときなどに魅力的な一品となりそうだ。