デジもの

家庭用のAIロボット 一家に一台ほしくなるかも?

37776_rkFeLRsjvT ロボットが接客するホテルや商業施設が少しずつ増えてきているが、これからは一家に一台ロボットがいる時代になるかも!?ドゥモア(東京)は、アメリカ・マサチューセッツ州に本社があるJIBO社が開発した家庭用AI(人工知能)ロボット「JIBO(ジーボ)」の予約販売を始めた。JIBOは据え置き型のロボットで、手足はなく、円筒形の胴体に顔部分が付いた作りになっている。見た目はシンプルだが、最大の目標は「人と交流すること」。人と話すようにJIBOに話しかけると、メールを送受信したり、家族の記念写真を撮ったりするほか、スケジュールをリマインドしたり、子どもに本の読み聞かせをしたりしてくれる。高解像度カメラが家族の顔を認識。AIアルゴリズムで利用者のライフスタイルや好みを学習するという。

 “家族のアシスタント”として、あなたの家庭にJIBOを加えてみるのはいかが?7月11日(月)までは早割で98,000円(税・送料込み)。それ以降は通常価格の138,000円(同)。高さ約28cm、直径約15cm。カラーはホワイトとブラック。