デジもの

フォステクスからPCをつなぐだけの簡単ハイレゾシステム「KANSPI−HiRes」

ピーカー_フォステクスkanspi-Hires-re ハイレゾ再生というとシステムも力が入りがちだけど、パソコンの横に置いてもっと気軽に楽しもうと企画されたシステム「KANSPI−HiRes」が、フォステクスから6月下旬に発売になる。DAC内蔵の小型クラスDアンプPC200USB−HRと2ウェイスピーカーP802−Sがセット化されている。特製のスピーカーケーブルも付属。価格は27,000円(税別)。

 PC200USB−HR(単品価格17,800円・税別)は、出力15W+15Wを確保。スピーカー出力のほかにヘッドホン出力(15mW+15mW/32Ω)も備えていてヘッドホンアンプとしても使える(同時出力は不可)。PCとつなぐUSB-B入力は専用ドライバー不要の96kHz/24bitに対応している。ステンレス削り出しのボリュームで手元で音量調整が可能。電源は付属ACアダプターで動作。サイズ・重量は、幅95×高さ52×奥行き86mm・363g。

 P802−S(単品価格ペア10,000円・税別)は、小音量再生でもバランスよく再生できるようにチューニングされた2ウェイ・リアバスレフ型。トゥイーターは鳴きにくく軽量な新素材の振動板のソフトドームで40kHzの高域特性で、ハイレゾの音の魅力をより深く味わえるようになっている。ウーファーは8cmパルプコーンで、ウレタンエッジなどオーソドックスな本格設計だ。インピーダンス8Ω、感度80dB、サイズ・重量は幅100×高さ195×奥行120mm・1.1kg。