デジもの

動画を思いのままに再生するYouTubeプレーヤー「FF Tube」 スローや倍速、コマ送り再生も

アプリ起動画面(左)と再生画面
アプリ起動画面(左)と再生画面

 YouTubeの動画を見ていて「あ、もう一度、ここチェックしたい」とか「ちょっとメモ取りたい」と思ったことはないだろうか。iPhoneやiPadのタッチパネルからコントロールするのは面倒だけど、そのモヤモヤを解消するのが、新しくリリースされたiOSアプリ「FF Tube」。動画をストリーミング再生中に、逆再生やコマ送り/戻し、早送り/早戻し、スローもできる再生スピード調整(1/8〜倍速)、A点とB点の間のリピート再生、ズームアップといったコントロールができるので、思いのままに見られる。

 ダンスの身体の動き、楽器演奏のテクニック、料理の手順などの動画を見ていて、じっくりと確認したいところも納得するまで簡単に見返せる。しかもほかのプレーヤーアプリによくあるように、一度、ファイルをダウンロードする必要がないのでメモリーを圧迫しないし、著作権を侵害するなどの違法行為にならないのも安心。なお、iPhoneに保存した動画も同じように再生できて、画面に線や円などが書き込めるドローイング機能も備えている。対応はiOS7.1以降のiPhone、iPad、iPod touchに対応。AppStoreで、360円(税込み)でダウンロード/インストールができる。開発は、動作解析ソフトのフォームファインダーラボ(東京)。

ニュースリリース
https://www.fflabo.jp/fftube

 

 

■アプリ概要 名称 : FF Tube リリース: 2016年8月1日 価格 : 360円(税込) 言語 : 日本語、英語 互換性 : iOS 7.1以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。