デジもの

大型ドライバーと幅広ヘッドバンドで快適リスニング オンキヨーからゆとりのヘッドホン「A800」

1130%e3%80%80%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%89%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%b3%e3%80%80%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%a8%e3%83%bca80 オーディオのオンキヨー&パイオニアイノベーションズ(東京)は、オープンエアー型のダイナミックヘッドホン「A800」を、来年の1月下旬に発売すると発表した。長時間のモニターにも疲れの少なそうな幅70mmのワイドヘッドバンドが特徴的なモデルで価格はオープン。市場想定価格は49,800円(税別)。東京八重洲の同社ショールームGibson Brand TOKYOで先行展示中で、試聴もできる。

 ドライバー径は大型50mmで40kHz以上の高域特性を得ているので、ハイレゾ音源を楽しむのにも好適。完全な密閉型よりも圧迫感の少ないオープンバック構造と幅の広いヘッドバンドで快適なリスニングできる。またオープンバックはこもりが抑えられるのでひとつひとつの音がすっきりとクリアに聴けるという。ケーブルは着脱式で、ロス少なく信号を送れるようにリボンOFC導体を採用。またスマートフォンやミュージックプレーヤーでも鳴らしやすい低インピーダンス、高感度設計であるのも使いやすい。再生帯域4Hz〜40kHz、インピーダンス32Ω、感度100dB、重量570g。