デジもの

電球の形をした防犯カメラ「Dive-y360」 スマホで操作、映像も確認

01.31 防犯カメラ_Dive360y-01 何かと騒がしいご時世、防犯カメラで備えたいという家庭も増えているという。そこでひとつネックとなるのが設置。壁に穴を開けたり配線をどうするかなどちょっと手間もかかる。産業用LEDや防犯カメラのダイトク(埼玉県川口市)は、家庭の電球ソケットにそのまま取り付けられる防犯カメラ「グランシールドDive-y360」(市場実勢価格は、3万3,000円前後)を発売した。

映像はスマホでビューイング。天井に設置して全方位を上からウォッチできる
映像はスマホでビューイング。天井に設置して全方位を上からウォッチできる

 本体は電球の形をしていて、視野は360度全方位をカバー。天井に取り付ければ真上からその場所を見渡すことが可能でその範囲は100平方メートルにも及ぶ。また、ダイブと呼ぶ機能で画像の一部に寄って見ることもできるという。専用アプリを使えば、スマホ(Android/iOS)から映像の確認ができるほか、画面の球体映像をなぞると球体から正面へと映像を補正しながら確認できる。このためにWi-Fiも備えているが、この機能を生かして、モバイルネット通信機能を使い、外出先からもカメラの映像が確認できる。また、microSDカードに約8〜10日間(128GB時)の動画を撮影可能。1W×3個の撮影用ライト(スマホで明るさ調整が可能)で夜間のウォッチをサポート、またスピーカーを内臓していて、スマホを通じて部屋にいるペットなどに声をかけられる。視野角は水平・垂直方向180度、動画フォーマットMP4、サイズ・重量は直径80×長さ138mm・150g。