デジもの

エクササイズのときも“黒子のバスケ”と一緒 JVCがコラボイヤホン2タイプを発売

02.10 イヤホン_JVC黒子のバスケモ オーディオ、通信機器などのJVCケンウッドは、JVCブランドの新イヤホン「HA-EB10BT」を3月中旬に発売する。超人気アニメ“黒子のバスケ”の「劇場版 LAST GAME」の公開を記念したコラボレーションモデルで、3月中旬に発売する。カラーバリエーションでいえば、レッドとブルーの2タイプがあり、価格は6,500円(税別)。各色2,000台の限定生産で、すでにJVCとバンダイの直販サイトでは予約を受け付けている。

 ファンは製品カットを見てピンと来、レッド(-ER)は映画に登場の主人公、黒子テツヤのチームVORPAL SWORDS、ブルー(-EZ)はStrkyというコンテンダーの大学生チームのユニフォームをイメージしたカラバリで、それぞれ白地に赤のV字や青いストライプをあしらっている。

 ベースになっているHA-EB10BTはBluetoothによるワイヤレスのスポーツタイプイヤホンで、大きめのボディと形状を工夫したイヤーピースで外れにくい装着性の高い設計のモデル。汗や水しぶきも気にしないで使える防滴仕様になっているのはもちろん、音楽の再生操作や通話のON/OFFができるリモコン/マイクも装備している。電池持続時間は約7時間、重量は約15g。