デジもの

パイオニアがLightningイヤホン2種 ノイズキャンセリング付きで再生/通話中の充電に対応

発表会にはサバンナ高橋さんも登場
発表会にはサバンナ高橋さんも登場

 オンキヨー&パイオニアイノベーションズ(東京)は、Lightning端子のiPhone/iPad専用イヤホン“RAYZ Plus”(SE-LTC5R)と“RAYZ”(SE-LTC3R)を3月下旬に発売する。バッテリーの消耗を抑えた低消費電力設計と、再生/通話中の充電(SE-LTC5Rのみ)や効率的なノイズキャンセリングなどの機能を装備している。価格はオープンで、先に発売した米国ではLTC5Rが149ドル、LTC3Rが99ドルで販売されているとのこと。

 SE-LTC5R/3Rのコア技術となっているのが、リモコンに仕込まれた第2世代Lightningモジュール。iPhoneの音源データ(デジタル)をアナログ音声にするのが主な役割だが、その消費電力を第1世代から概算で約半分に抑えているという(付属イヤホンとの比較)。何かと減りが早いといわれるiPhone7ユーザーにはグッドニュースだろう。

上がLightningコネクターと充電用Lightinigポート(RAYZ Plus)。下がスマートボタン付きの新リモコン
上がLightningコネクターと充電用Lightinigポート(RAYZ Plus)。下がスマートボタン付きの新リモコン

 もうひとつiPhone7ユーザーのメリットはRAYZ Plusで聴いたり通話をしているときでも、ケーブルの途中にあるポートからiPhone本体への充電ができること。ご存じのとおり、iPhone7はイヤホン端子が無いので、これまでは充電中はリスニングできないし、その逆も不可能だったから、バッテリーの残量を気にしながらリスニングしたりということもなくなるわけだ。

 2機種ともにノイズキャンセリング機能を持つがこちらも新設計。装備した6個のマイクでユーザーの耳と周囲の環境を考慮しながらノイズをカットするので、飛行機の中や電車内といった特定の場所以外でも、常に最適の効果を発揮するという。また、外部の音を取り込めるヒアスルー(HearThru)モードも選べ、話しかけられたときなどもイヤホンを外さずに聞き取れる。耳から本体を外すと再生が自動的に止まり、再び着けると再生を始めたり、着けないままでしばらくすると低消費電力モードに切り替わるという便利な機能もある。

 このほか、リモコンには通話のときワンタッチで音楽をミュートできるほかさまざまな機能を備えたスマートボタンを追加。また専用アプリを用意して、このアプリから5バンドEQの設定やスマートボタンへの機能割り当て(ノイズキャンセリングの設定など)などができるのも新しい。なお、拡張機能はこれからも順次、アップデートの予定とのこと。デジタル音声処理は48kHz/24bit、ケーブル長1.2m、本体重量5g。

 先に行われた発表会には芸能界きってのiPhone使いとして知られるサバンナ高橋さんが登場。新機能がいかに便利で素晴らしいかを、iPhone7ユーザーの生の声としてアピール。しっかりと会場の笑いを取りながら、iPhoneユーザーなら絶対、欲しくなるはずと語っていた。