デジもの

ソニーがワイヤレスの“重低音”ヘッドホンなど3機種 スポーツイヤホンも充実

MDR-XB950N1(グリーン)
MDR-XB950N1(グリーン)

 ソニーは、重低音設計のエクストラベースシリーズ・ヘッドホンMDR-XB950N1(市場推定価格2万7,000円前後)/MDR-XB650BT(1万7,000円前後)/MDR-XB550AP(6,000円前後)とイヤホンMDR-XB510AS(6,000円前後)、またスポーツタイプのイヤホンMDR-AS410AP(4,000円前後)とMDR-AS210(2,000円前後)を、3月11日(土)に発売する。

 MDR-XB950N1は最新機能を採り入れたシリーズのトップモデル。トレンドのアースカラーを意識したグリーンとシックなブラックの2タイプのカラーバリエーションに、DJサウンドやEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)にぴったりの重低音設計と、人気のBluetooth、ノイズキャンセリング、専用アプリによる機能拡張などの特徴を備えた、“トレンド全部入り”のヘッドホンだ。

 ノイキャンは周囲の騒音を判断して適当なモードを自動的に選んで動作。また専用アプリでは、スマホからDSPによる音響効果(5種)の動作や重低音の調整、ノイキャンのオンオフができるようになっている。これまでのスマホ側での処理ではなく本体で行うので、BluetoothでもDSPや重低音の調整ができるようになったのがポイントとなる。

ワイヤレスタイプのMDR-XB650BT(左、ブルー)と有線タイプのハイCPモデルMDR- XB550AP
ワイヤレスタイプのMDR-XB650BT(左、ブルー)と有線タイプのハイCPモデルMDR- XB550AP
重低音シリーズのイヤホンタイプMDR-XB510ASは4カラーを用意
重低音シリーズのイヤホンタイプMDR-XB510ASは4カラーを用意

 以下、MDR-XB650BTは、専用アプリはもたないが、空気の流れや圧の制御による重低音の強化と人気のBluetoothを合体させながら2万円を大きく切ってワイヤレスの楽しみを身近にしたモデル。また、MDR-XB550APは軽快に着けられる耳乗せ型デザインで、へッドバンド/スライダー部も改良。快適に気軽に使えるベーシックタイプでコスパが高くなっている。そしてイヤホンのMDR-XB510ASは小さい筐体の制約の中で、より重低音効果を強化。防水対策も水に沈んでも大丈夫なまで仕様をアップしている。

新しいイヤホンタイプ2機種。左がMDR-AS410AP(イエロー)、右がMDR-AS210
新しいイヤホンタイプ2機種。左がMDR-AS410AP(イエロー)、右がMDR-AS210

 もうひとつのスポーツイヤホンMDR-AS410AP/AS210は、カラーバリエーションを増やして楽しさをアップ。AS410APは9ミリ口径の新設計ドライバーで音質も強化している。2機種ともに表面加工で絡みにくくしたセレーションコード、汗や水しぶきにも安心して使える防滴仕様だ。2機種の違いは、AS410APは耳介にフィットして外れにくくするループ状のサポート付き、AS210は耳掛け状のサポーター付きのデザインとなっているところ