デジもの

音楽制作の定番スピーカーがリニューアルして限定発売! うわさの小型モニター「フォステクスNF01R」

03.06 スピーカー_フォステクスNF01R プロ、パーソナルを問わず、録音から曲に仕上げるミックスダウンまで、音楽制作に欠かせないモニタースピーカー。ここしばらく音楽関係で話題になっていたうわさのパワードモニターが、フォステクスから正式に発表された。

 新しいNF01Rは、長年、音楽制作の定番ツールとして使われた小型モニタースピーカーNF-01Aの限定リニューアル版で、市場実勢価格は98,000円(ペア)の予定。100ペアの限定発売だ。3月31日(金)に販売を開始するが、取り扱いはメディア・インテグレーション(東京)とそのショップであるRock oN Company渋谷店と梅田店のみとなる。

 NF-01Aに搭載の独特の振動板形状をしたHPウーファーから、さらに強度などをアップして再現性を向上したHRタイプに変更。また、内部の音響チューニングについても反射板を使う方式から吸音材による方式に変えて、内部で発生する不要音の放出を抑えている。また、低音を放射するバスレフポートもより仕上げを精密化して音質の改善を図っている。

 主な仕様は、型式が低域50W、高域45Wのパワーアンプ内蔵2ウェイ・バスレフ型、ユニット構成は13cmHRウーファー/2cmソフトドーム・トウィーター、入力はプロ用のXLRとTSフォーン、さらにRCAアンバランスを備え、一般のオーディオ機器などでも使える。消費電力50W、サイズ・重量は幅187×高さ280×奥行き305mm・約8.5kg。