デジもの

オンキヨーがホームシアター用にも対応したスピーカー「D-309X」シリーズ

左から、D-309XM、D-309XE、D-309XCと、既発売のサブウーファーSL-D501。仕上げはすべてブラック。
左から、D-309XM、D-309XE、D-309XCと、既発売のサブウーファーSL-D501。仕上げはすべてブラック。

 オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパン(東京)は手軽にホームシアターシステムを組むためのスピーカーとして、オンキヨー・ブランドから、D-309Xシリーズ3機種6タイプを4月下旬に発売する。

 幅270×高さ952mmの細身のトールボーイ型でメイン用に適した「D-309XE」(1台45,000円・税別)と、サラウンド用にも使える幅143×高さ245mmの小型ボックス型「D-309XM」(同24,000円)、センタースピーカー「D-309XC」(同27,000円)があり、インテリアに合わせて選べるブラック(B)、木目調(D)の2種の仕上げを用意している。

 各タイプとも自社開発の振動板による低音用ウーファーと、高音の一層の伸びを図ったリング型トゥイーターを投入し、これを収めるキャビネットも自然な響きとなるように内部の桟や吸音材などでの強化、最適化も行っている。