エンタメ

桐谷美玲「母との共通点はよく食べるところ」 「将来は母のように専業主婦になりたい」

桐谷美玲「母との共通点はよく食べるところ」 「将来は母のように専業主婦になりたい」 画像1

 ブルガリ「フォロー・ユア・ハート/♯followyourheeART」の母の日トークイベントが13日、東京都内で行われ、女優の桐谷美玲が登壇した。

 この日、総額約1千万円のジュエリーを身につけて登場した桐谷は「ドキドキしますね。やっぱり女性は幾つになっても、ジュエリーを身に着けるとテンションが上がるんだなと今、実感しています」と声を弾ませた。

 会場では、明日の“母の日”にちなんだトークを展開。「母親とは頻繁に連絡を取り合っている」という桐谷は、「どういう存在?」と問われると「やっぱり一番身近にいて、一番味方でいてくれる人だと思います」としみじみ答えた。

 「何かにつまずいたり悩んだりすると一番最初に母に相談しますが、相談に乗ってくれるだけではなく、時には“こういうところがあなたは駄目なんだよ”と叱ってくれる。この仕事を始めて十数年たちましたが、母の支えというのは、かなり私の力になっています」と感謝を口にした。

 また、自分と母の似ているところは「よく食べるところ」と答えた桐谷。家族全員、よく食べるそうで「小さいころから、おにぎりがこんなに大きかったり、ハンバーグもこれぐらいの大きさで…」と指で形を作りながら「それをペロッと食べていたので、それが普通だと思っていたんですが、どうやら母がよく食べる人だったみたい。中学校、高校のお弁当を見て、周りの友達のおにぎりの小ささに驚きました」と語って笑わせた。

 1人暮らしを始めてから、さらに母親のありがたさを実感したそうで「将来は、自分の母親のようなお母さんになりたい」と桐谷。理想の母親像と問われると「私の母はいつも明るくて元気。ちゃんと朝、昼、晩のご飯を作ってくれて、学校から帰ったら『お帰り』と迎えてくれて、だけど自分の趣味の時間もちゃんと持っている。そういう女性に憧れます」と語った。

 さらに「専業主婦になりたいです」と宣言した桐谷は「私が小学校3年生ぐらいまでずっと母親が家にいてくれた。だからそういう家庭がいいですね」と夢を語った。