エンタメ

片瀬那奈、風間杜夫との共演で好みのタイプが変わった!? 「世界が広がったし、希望が持てた」

片瀬那奈、風間杜夫との共演で好みのタイプが変わった!? 「世界が広がったし、希望が持てた」 画像1

 映画『こいのわ婚活クルージング』の完成披露試写会が23日、東京都内で行われ、出演者の風間杜夫と片瀬那奈が舞台あいさつに登壇した。

 本作は、第二の人生のパートナーを探すバツイチの実業家と、元ご当地アイドルでアラサー過ぎの独身編集者が織りなす、婚活をテーマにしたラブコメディー。

 撮影は約1年前にプロ野球・広島東洋カープが優勝した時期の広島でオールロケが行われ、風間は「すごく盛り上がっていて、街中が真っ赤でした」と振り返った。

 役づくりに関しては、敬愛する森繁久彌をイメージしたという。「森繁先生のような、洒脱(しゃだつ)な男をやりたかった。片瀬さんと最初に会った頃は、傲慢(ごうまん)で嫌なイメージだったけれど、だんだんと心を引かれていく中で、人間として柔らかくなり、とげが抜けていくように演じました」と説明した。

 一方、片瀬は、風間との共演によって「今までは割と年が近い人がいいと思っていたけれど、風間さんとお芝居をさせていただいて、何かいいなと。包容力があって、いろんなことを経てきて冗談が言えて、言いたいことを言い合えるのはいいですね。世界が広がったし、希望が持てました」と告白した。

 それを聞いた風間は「若い女優さんと共演することは多いけれど、ここまではっきり言われたのは初めて」と頬を緩めた。

 試写会には、婚活中の子どもを持つ親が招待された。婚活する理由に関して「本人に出会いの場が少ない」という意見が多く出された。

 風間は「出会いがないと何も始まらないからなあ。ウチの娘も家で仕事をしていたから、嫁に行かなくてもいいと思っていたけれど、いつの間にか相手を見付けて今や2児の母。とにかくいろんなところに出ていくこと。そうすれば何かが起こる。この映画が少しでも背中を押して、皆さんの悩みが1日でも早く解決することを祈っています」とPRを交えながらアドバイスした。

 映画は11月11日から広島先行公開、18日から角川シネマ新宿ほか全国順次ロードショー。