エンタメ

指原莉乃、“宝石を贈りたい女性”に選出 「実は私が一番びっくりしています」

指原莉乃、“宝石を贈りたい女性”に選出 「実は私が一番びっくりしています」 画像1

 「クリスマスに宝石を贈りたい女性」を選出する「第3回 クリスマスジュエリープリンセス賞」の表彰式が26日、横浜市内で行われ、HKT48、STU48の指原莉乃、モデルの藤田ニコル、女優の川島海荷、歌手のmiwaが出席した。

 特別賞を受賞した指原は、喜びを口にしつつ「皆さんは『何で…?』と思っていると思うのですが、実は私が一番びっくりしています」とコメント。「うれしい仕事が決まるとドッキリだったということが定期的にあるので、きょうはいつ横浜の海に落ちるのか…とドキドキしていたのですが、今は本当なんだとホッと一安心しています」と語り、ほほ笑んだ。

 また、ジュエリーの思い出については「頂いたこともプレゼントしたことも、自分で買ったこともないので、あまりありません」と苦笑い。「きょうこうして近くでジュエリーを見て、すごくきれいなんだなと衝撃を受けたので、いつか母親にプレゼントできたらなと思います」と声を弾ませた。

 表彰式後の囲み取材で、受賞したことは「恥ずかしいので父にも母にも誰にもまだ報告していない」と明かした指原。一番に伝えたい相手としては「(AKBグループ総合プロデューサーの)秋元(康)さん。びっくりすると思う。言ってくれるのは『良かったね』ぐらいかな。(受賞を)信じてもらえるように頑張ります」と笑った。

 一方、最近、SNS上で「かわいくなった」「きれいになった」と話題になっている指原。報道陣から指摘されると「自撮りがすごく上手なだけ。こうやって会見で久々に公の場に出ると『写メと違うじゃねーか』と(ネット上で)言われるんです。なので、きょうはすごく嫌でした」と話した。

 今月末には、同じAKBグループの渡辺麻友の卒業コンサートが開催される。指原は「すっごく寂しい。昨日も一日一緒にいたのですが、楽しい時間を過ごしていると余計にいなくなるのが寂しい。今、本当に自分を支えてもらっている大事な存在なので、あと少しの時間を楽しみたい」と思いを吐露した。