エンタメ

岩田剛典、生コンの正体は「ごま豆腐」 話題の拷問シーンの真相を告白

岩田剛典、生コンの正体は「ごま豆腐」 話題の拷問シーンの真相を告白 画像1

 映画『HiGH&LOW THE MOVIE3/FINAL MISSION』の“超”完成披露試写会が31日、東京都内で行われ、出演者のAKIRA、岩田剛典、青柳翔、TAKAHIRO、橘ケンチ、小林直己、小野塚勇人、津川雅彦、岩城滉一、加藤雅也、笹野高史、高嶋政宏、木下ほうか、中村達也、早乙女太一、企画プロデュースのEXILE HIROほかが登壇した。

 本作は、EXILE TRIBEによる総合エンターテインメント・プロジェクト「HiGH&LOW」劇場版の最終章。

 山王連合会の総長コブラ役の岩田は、シリーズを振り返り「本当にこの3年間、楽しい撮影はもちろん、つらい撮影もありながら、いろんなことを経験させていただいた」とコメントした。

 また「初号試写でエンドロールを見たときに、僕は何かグッときました」と熱い思いを明かすと「今までの歴史が感じられる、今までの中で一番、感動できる作品になっていると思うので、楽しみに待っていただけたら」と笑顔でアピールした。

 本作の予告編には、敵組織に捕まったコブラが激しい拷問を受けるシーンもある。鎖で両手の自由を奪われた岩田が、生コンクリートと思われる液体を口に流し込まれる場面が「ハード過ぎる」とネット上でも話題となった。

 岩田は「生コンを飲まされてるあのシーン、ごま豆腐なのでご安心を…」とあっさり告白。TAKAHIROから「それ、見る前に言っちゃ駄目なやつでしょ!」と突っ込まれた岩田は、苦笑いを浮かべつつ「おいしいな~と思って(やっていた)」と意外な真相を明かし、会場のファンを沸かせた。

 九龍グループに属する「黒崎会」会長を演じた岩城も「すごかったですよ。みんな気合いっぱいで、皆さんに負けないように頑張りました」と撮影を振り返った。

 岩田演じるコブラと対峙(たいじ)するシーンについては「顔が近くて、かわいい~!と思って」と語り、「ここのところ番宣とかで大阪に行ったり、ほとんどずっと一緒にいたので、だいぶかわいさに慣れてきました」と明かした。

 映画は11月11日から全国公開。

(左から)岩城滉一、岩田剛典、AKIRA