エンタメ

内田有紀「VFXと芝居をするのは大変」 宮部みゆき原作「荒神」で主人公を演じる

内田有紀「VFXと芝居をするのは大変」 宮部みゆき原作「荒神」で主人公を演じる 画像1

 スーパープレミアム スペシャル時代劇「荒神(こうじん)」の試写会が23日、東京都内で行われ、出演者の内田有紀、平岳大、平岡祐太、柳沢慎吾、大地康雄が出席した。

 本作は、宮部みゆき氏の小説をドラマ化した、エンターテインメント時代劇。関ヶ原の戦いから100年。太平の世に、怪物は突然現れ、村人を殺し、村を焼き尽くした。怪物はなぜ現れたのか…?怪物と人間たちとの死闘を、最新のVFX(映像効果)を駆使して描く。

 撮影は昨年6月頃に山形県などで行われた。主人公・朱音を演じた内田は「キャストの皆さんが一生懸命、良いものを作ろうと盛り上げてくださった。楽しい現場でした」と語った。

 また、怪物は後からVFXで付け加えられるため「想像がつかないこともたくさんあり、VFXと芝居をするのは大変なんだなと痛感しましたが、私の中ではすごく挑戦となるお仕事でした」と満足げに語った。

 朱音は、怪物の正体を探る中で、自らの出生の秘密を知るという役どころ。役ヘの思いを問われた内田は「ものすごく尊敬できる、素晴らしい女性だと思いました」と語った。

 「私の中に、近い部分があるのかと考えたのですが、あったりなかったり。分かるような、分からないような…。とにかく尊敬しています。いろんな宿命にあらがいながらも、あらがえずにそれを全うして生きる。そういう女性を演じられるというのは、光栄だったし、うれしかった。純粋に憧れを持って役を全うしようと思いました」と振り返った。

 ドラマはBSプレミアムで2月17日、午後9時~10時50分に放送。

(左から)柳沢慎吾、平岳大、内田有紀、平岡祐太、大地康雄