エンタメ

日本アカデミー賞『三度目の殺人』が6冠 最優秀主演男優賞は『あゝ、荒野』の菅田将暉に

日本アカデミー賞『三度目の殺人』が6冠 最優秀主演男優賞は『あゝ、荒野』の菅田将暉に 画像1

 第41回 日本アカデミー賞授賞式が2日、東京都内で行われ、是枝裕和監督の『三度目の殺人』が作品、監督、助演男女優を含む最多の6部門で最優秀賞に輝いた。

 是枝監督にとっては『海街diary』(15)以来2度目の最優秀作品賞の受賞となった。

 個人でも監督、脚本、編集の“3冠”を達成した是枝監督は「脚本、撮影、編集を同時並行で進めていった作品なので、切り離して考えたことがない。現場ではあまりに悩みに悩んだので、途中でプロデューサー陣に呼び出され『本当に大丈夫なのか?』と言われるほどヒリヒリする時間を過ごした。うれしいですけれど、まだ居心地が悪いですね」と控えめに喜びを語った。

 最優秀助演男優賞の役所広司は、『関ヶ原』でも優秀助演男優賞を受賞しており「間に挟まって、複雑な気持ち」と苦笑い。それでも、現在撮影中の映画で肉離れを起こした足を引きずりながら「(主演の)福山雅治くんと、狭い空間で2人で作り上げた芝居なので、福山くんに感謝したい。年を取って年長組に入りましたが、この賞を機に、もうしばらく頑張っていきたい」とさらなる意欲を示した。

 最優秀助演女優賞の広瀬すずは、昨年『ちはやふる -上の句-』で優秀主演女優賞、『怒り』で優秀助演女優賞をダブル受賞しており、“三度目の正直”で頂点に立った。「是枝監督にはいつも、見たことのない景色を見せてもらっている。少しでも恩返しができるよう、少しでも自分が参加した作品の力になれるよう頑張ります」と決意を語った。

 最優秀主演男優賞は『あゝ、荒野 前篇』の菅田将暉が獲得した。「信じられなくて、現実味があまりない。でも、公開館数もあまり多いわけではない映画を、ちゃんと見ていてくれたことに感謝します」と驚きながらも感慨深げに話した。

 『彼女がその名を知らない鳥たち』で最優秀主演女優賞の蒼井優は「この映画を撮っているとき、この仕事(女優)をして本当に良かったと思った。こんなに大きな賞を頂けて恐縮しています。(優秀賞を)受賞した皆さんも尊敬していますので、一緒に映画界を盛り上げていこうと思います」と、涙で声を詰まらせながら訴えた。

(前列左から)広瀬すず、菅田将暉、是枝裕和監督、蒼井優、役所広司、(後列左から)新人俳優賞の中条あやみ、浜辺美波、北村匠海、竹内涼真