エンタメ

【芸能コラム】いよいよ本領発揮!主君・島津斉彬を失った西郷吉之助=鈴木亮平の成長に期待 「西郷どん」

【芸能コラム】いよいよ本領発揮!主君・島津斉彬を失った西郷吉之助=鈴木亮平の成長に期待 「西郷どん」 画像1

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「西郷どん」。4月22日に放送された第15回「殿の死」は、物語の大きな転換点となった。主人公・西郷吉之助が全身全霊を懸けて仕えてきた主君・島津斉彬が、志半ばで非業の死を遂げたのだ。

西郷吉之助役の鈴木亮平

 主人公こそ西郷吉之助だが、激動する幕末の世の動きを見極め、幕政改革を目指すなど、ここまで物語を牽引してきたのは斉彬。吉之助は、斉彬の下でその指示に従って動いてきたに過ぎない。いわば斉彬は、影の主役だったとも言える。

 その斉彬が姿を消した今後は、名実ともに吉之助が物語を引っ張っていくことになる。その片鱗は、4月29日に放送された第16回でも垣間見ることができた。

 斉彬の死を知った吉之助は、「弔い合戦だ」と血気にはやる仲間を制し、幕政改革という斉彬の遺志を実現するため、ある策を実行に移す。結果的にその策は失敗し、月照を連れて薩摩に逃げる羽目になったものの、吉之助を軸に物語が動き出す気配は十分に感じられた。

 今後、吉之助の行く手にはさまざまな困難が待ち受けるが、斉彬の死からいかに立ち直り、明治維新への道を歩んでいくのかが見どころとなるはずだ。その意味では、第15回で斉彬が吉之助に語った「今からおまえはわしになれ」という言葉は、主役交代を告げる象徴的なせりふだった。

 そしてそれは同時に、吉之助を演じる鈴木亮平にとっても、主演俳優として真価を発揮する時期が来たことを意味する。4月1日に放送された「西郷どんスペシャル」を見ても分かる通り、鈴木は斉彬役の渡辺謙から多くを学んできた。