エンタメ

吉田羊、誕生日の大久保佳代子を“キス”で祝福 野村周平、理想のキスは「女の子からしてくれたら」

吉田羊、誕生日の大久保佳代子を“キス”で祝福 野村周平、理想のキスは「女の子からしてくれたら」 画像1

 映画『ラブ×ドック』公開記念舞台あいさつイベントが12日、東京都内で行われ、出演者の吉田羊、野村周平、玉木宏、大久保佳代子、広末涼子、鈴木おさむ監督ほかが登場した。

 本作は、恋愛クリニック「ラブドック」を舞台に、恋に仕事に悩みが尽きない人気パティシエ・飛鳥(吉田)の恋模様を描くラブコメディー。吉田の映画単独初主演作であり、放送作家の鈴木氏が初監督を務めた。

 吉田は、本作について「私はこの映画の中の『人生に無駄なことはない』っていう飛鳥さんのせりふが大好きです。つらい思いをしても、それも含めて自分の人生だと最後は自分を肯定できる、背中を押す映画になったらいいなと思っています」と話した。

 作品内にさまざまな“キス”が描かれていることにちなみ、「理想のキスのシチュエーションは?」と質問されると、吉田は「私は髪形を変えたときに、『かわいいじゃん』って触られながら『チュッ』てされるのがいいです」と語った。

 野村は「何かが始まりそうなキスがいいです。家なり、ベッドだったりで、何かが始まりそうっていうのがいいです。普通は男からする方が多いから、女の子からしてくれたら何でもいいなって思いますね、玉木さん?」と玉木に振ると、玉木も「うん、そうかな」と同意して、会場を盛り上げた。

 また、この日、47歳の誕生日を迎えた大久保に対し、サプライズで大久保の愛犬「パコ美」がかたどられたケーキが登場した。

 さらに、吉田が大久保の頬につけたホイップクリームにキスをして祝福をすると、大久保は「なんで羊さんなの~。男優陣いっぱいいるじゃん」とクレームしつつ、「ありがとうございます。昨夜12時を過ぎたときに、森三中の黒沢(かずこ)と手島優からしかメールがこなかったので、祝ってもらえてうれしいです」と喜び、笑いを誘った。

(前列左から)鈴木おさむ監督、玉木宏、吉田羊、野村周平、大久保佳代子、(後列左から)篠原篤、広末涼子、成田凌、唐田えりか