エンタメ

葵わかな、佐野勇斗を水鉄砲で“ずぶぬれ”に 佐野の「帰したくねえ」にファンは悲鳴

葵わかな、佐野勇斗を水鉄砲で“ずぶぬれ”に 佐野の「帰したくねえ」にファンは悲鳴 画像1

 映画『青夏 きみに恋した30日』の完成記念イベントが2日、東京都内のとしまえんで行われ、出演者の葵わかな、佐野勇斗、古畑星夏、岐洲匠ほかが登場した。

 本作は、夏休みを田舎で過ごす都会の女子高生・理緒(葵)と、田舎育ちの男子高生・吟藏(佐野)の“夏限定の恋”を描く。

 キャスト陣は、水着姿でプールに漬かる大勢の女性ファンの前に登場した。佐野は「『青夏』を見れば、すてきな夏を過ごせること間違いなしです。皆さん5回くらい見て、ツイッターとかで宣伝してくれると好きです」とアピールした。

 本日夜半に行われるサッカーW杯・日本対ベルギー戦にちなみ、男性キャスト陣による「サッカー対決」が行われる一幕もあった。

 男性キャスト陣がプールに向かってサッカーボール柄のビーチボールを一斉に蹴ると、佐野が最下位という結果になった。

 佐野は罰ゲームとして「好きな人と離れたくないときに言う、最高にカッコいい胸キュン言葉」を披露することになり、「分かんねえ~」と照れながらも、「おまえさあ、俺のこと好きなんじゃないの? なあ、帰したくねえ」とストレートな胸キュン言葉を披露して、ファンを喜ばせた。

 また、キャスト全員が水鉄砲で佐野を攻撃して、佐野をずぶぬれにするサプライズの演出もあった。突如、水鉄砲で攻撃され、放心状態となった佐野は、葵から「サプライズだよ。夏を一足早くプレゼント」とちゃめっ気たっぷりに明かされると、「気持ち良かったです」と笑顔を浮かべた。

 映画は8月1日から全国ロードショー。

(左から)秋田汐梨、水石亜飛夢、岐洲匠、葵わかな、佐野勇斗、古畑星夏、久間田琳加、志村玲於