エンタメ

村松崇継、NHKドラマ「昭和元禄落語心中」で音楽担当 6月からはシンガーソングライターとしても活動開始

村松崇継、NHKドラマ「昭和元禄落語心中」で音楽担当 6月からはシンガーソングライターとしても活動開始 画像1

 これまでに多数の映画、TVドラマの音楽を手掛け、自身もシンガーソングライターとして活動する村松崇継が、10月12日夜10時スタートのNHKドラマ10「昭和元禄落語心中」の音楽を担当することが、5日までに分かった。

 この作品は、雲田はるこ氏作の漫画『昭和元禄落語心中』をドラマ化したもの。落語の名人(八雲)を岡田将生が演じるほか、竜星涼、成海璃子、大政絢、山崎育三郎らの出演が決定している。脚本には連続テレビ小説「マッサン」の羽原大介氏。演出には映画監督のタナダユキ氏らを迎え戦争の時代の落語家たちの生き様、芸の絆に結ばれた若者たちの熱い友情、師弟や男女の情愛・嫉妬・別れ、そして無二の親友の事故死を巡るミステリーを描いた、濃厚にして豊穣なヒューマン・ドラマとなっている。

 村松の昨年の代表作としては、映画『夜明け告げるルーのうた』、スタジオポノック初の長編アニメ映画『メアリと魔女の花』、『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(第41回 日本アカデミー賞 優秀音楽賞受賞)が記憶に新しい。

 今年は、4月クールのテレビ朝日系ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」に始まり、8月公開の短編アニメ映画『ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-』の音楽を担当。シンガーソングライターとしても、6月4日に作曲を村松崇継、作詞をMiyabi名義で竹内まりやが書き下ろした「いのちの歌」をセルフカバーし1st Digital Singleとしてリリースするなど精力的な活動が続く。今回の落語という設定と村松の音楽がどのようにドラマとして一つになるか、今から注目される。