エンタメ

中川大志、浴衣姿で七夕の願いを披露 「恋する皆に虹がかかりますように」

中川大志、浴衣姿で七夕の願いを披露 「恋する皆に虹がかかりますように」 画像1

 映画『虹色デイズ』の公開記念舞台あいさつが7日、東京都内で行われ、出演者の佐野玲於、中川大志、高杉真宙、横浜流星、吉川愛、恒松祐里、堀田真由と飯塚健監督が登壇した。

 本作は、「男子だって本気で恋をする」という斬新な設定で、男子高校生4人が織り成す友情と、ピュアな初恋に胸がときめく青春を描く。

 この日は、七夕にちなんで浴衣姿のキャスト陣が自身の“かなえたい願い”を短冊形のフリップに書いて披露した。

 トップバッターとして「この映画が皆さんの心に届きますように」と書いた佐野は、「個人的な願い」を問われると、「ちょっと海外でバカンスがしたい。ハワイとか行きたい。今はちょっと行けないけれど…」と笑顔で回答。横浜も「一度、ウユニ塩湖に行ってみたい」と声を弾ませた。

 一方、中川は「恋する皆に虹がかかりますように」と書いたフリップを掲げたが、「一人だけテンションが違って恥ずかしい…」と苦笑した。

 中川は「雨が降った後に、虹がかかったら良かったなと思えるように、青春を送っている皆さんにも、つらいことや過酷なことがあった後に、“良い終わり”が見えらたらいいな…と思って書きました」と明かした。

 高杉は「また『虹色デイズ』のメンバーで撮影できますように」と、再共演を希望。司会者から「もしこの4人で全く違う映画を作るとしたら?」と聞かれると、中川が「モノクロデイズ!?」と冗談交じりに提案。これには他の3人も「めちゃくちゃ暗いやつ」「闇のある4人」「ドロドロのやつね」とノリノリだった。

 会場では、男子チームが虹色の、7枚の“瓦割り”に挑戦することに。中学時代に空手の世界チャンピオンに輝いた経歴を持つ横浜が「コツは下までちゃんと振り切ること」と3人にアドバイスを送った。

 そのためか、全員が見事に全ての瓦を割り、中川は「気持ち良かった。爽快感がありました」と満面の笑みを浮かべ、腕の細さを心配された高杉も、まさかの結果に「僕が一番、びっくりしています」と目を丸くして、笑わせた。