エンタメ

北野武「ラブホテルかと思った」 巨大アート空間を珍アピール

北野武「ラブホテルかと思った」 巨大アート空間を珍アピール 画像1

 「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com オープニングセレモニー」が7日、東京都内で行われ、CMキャラクターを務める北野武、ローラ、山下智久が出席した。

 デジタルアートを手掛けるチームラボが制作した超巨大没入空間が、東京都内の豊洲に、7日から2020年秋まで2年間限定でオープンする。

 CM撮影で一足先に同所を体験した3人。感想を問われた北野は「浅草の花やしきのジェットコースターの怖いことといったらたまらない。木製で所々腐っている。あれに乗る勇気に比べたら…」と冗談を飛ばした。

 北野は「体験型エンターテインメントとして本当に良くできている」と絶賛しながらも、「ぐにゃぐにゃの緩いマットの中に入っていったときはラブホテルかと思った。あそこに男女が裸で入ったらすごいことになる」と言いたい放題で、会場を盛り上げた。

 撮影についても「いつ撮られているのか分からなかった。『たけしさん、普段通りばかやってください』と言われて。『普段の俺、ばかなんだ…』と初めて気付きましたよ」と毒づいた。

 ローラが「かっこよかったよ。真面目だったよ」とフォローするも、北野は「あれはちゃんと合成しているんだよ」と返した。

 巨大ボールに囲まれた空間では、ボールを手ではじく場面もあった。北野は「これをスタッフだと思ってたたいてくれ」と言われたといい、「ボコボコにたたきました。さらに『たたき方が足りない』と言うから、今度は(少ない)ギャラのことを考えて、もっとたたいてリアルになりました」とドヤ顔で語った。

 ローラも「私も考えた。もう、ポーンって、いろんなことを思い出して、思いっ切りたたいた」と意味深に語り、報道陣を笑わせた。

 そんな2人に終始、圧倒された様子の山下は、司会者から「(映像内で)楽しそうだった」と指摘されると、「素の表情が出ていたんだと思います」とにっこり。

 すかさず北野が「『これからは俺の時代だ』ってうれしくてね。『SMAPは解散したからもういない』って笑顔だった」と暴走すると、ローラも「言ってた、言ってた」と悪ノリ。山下は苦笑しながら必死に否定した。