エンタメ

葵わかな、W主演の佐野勇斗に感謝 「私ができないことをできるのが佐野くん」

葵わかな、W主演の佐野勇斗に感謝 「私ができないことをできるのが佐野くん」 画像1

 映画『青夏 きみに恋した30日』の前日祭舞台あいさつが31日、東京都内で行われ、出演者の葵わかな、佐野勇斗、古畑星夏、岐洲匠と古澤健監督ほかが登場した。

 南波あつこ氏の人気コミックを実写化した本作は、夏休みの間、田舎で過ごすことになった都会育ちの女子高生・理緒(葵)と、そこで出会った地元の男子高生・吟蔵(佐野)との“夏限定の恋”の物語。

 葵は、公開を明日に控え「心臓が出そうなぐらいドキドキしているのですが、この気持を皆さんとちょっとでも共有できたら」と笑顔でコメント。佐野も「楽しみな気持ちでいっぱい。皆さん一人一人が宣伝隊長のつもりでよろしくお願いします」とアピールした。

 この日は、青春よりも熱い“今年の青夏体験”をそれぞれが発表することに。佐野は、青夏体験は“これから”だとし「海で青夏したい。海水パンツをはくからその前にO脚を治したい」と目標を掲げた。

 一方、葵は今後の予定として「おじいちゃんと山登りに行きます。私、おじいちゃんと青夏します!」と声を弾ませ、会場を和ませた。

 撮影から宣伝活動まで共に行ってきた2人。改めて佐野への思いを問われた葵は「共演が2回目で安心感があった。結構、私は『落ち着いているね』とか『大人っぽいね』と言われることが多いけれど、やっぱり不安なことも多い。そんな中で私ができないことをできるのが佐野くんだった。私がどんなに気合を入れても届かない部分を、本当に佐野くんに助けられました」と感謝を述べた。

 佐野は「葵さんとは出会って4年以上。役者仲間というよりは幼なじみのような印象。僕はこんな感じで頼りない男なので申し訳なかったけれど、今回もすごく葵さんに助けられました。理緒が葵さんで良かったと心から思っている。お疲れさまでした」と葵にねぎらいの言葉を掛けた。

 映画は8月1日から公開。