エンタメ

佐藤健「29歳になってご褒美がもらえた」 小学校時代からの“ポケモン愛”を披露

佐藤健「29歳になってご褒美がもらえた」 小学校時代からの“ポケモン愛”を披露 画像1

 スマートフォン向け位置情報ゲームアプリ「ポケモンGO」新CM発表会が20日、東京都内で行われ、新CMキャラクターに起用された俳優の佐藤健が登場した。

 新CMは、佐藤がインタビュアーと共に、同ゲームに追加された「ポケモン交換」機能で“初めての交換”を楽しむ内容になっている。

 新CMに起用された感想について、佐藤は「ものすごくうれしかったです。小学校の時からポケモンが好きで、ずっとプレイし続けていたので、29歳になってご褒美がもらえたなと思いましたね」と喜びを語った。

 「一番好きなポケモンは?」と聞かれると、「カビゴンです。小学生のときに友達とみんなでポケモンのバトルをやっていたんですけど、そのときに僕が組んでいたパーティーのエースがカビゴンだったので、思い入れが強いですね」と“ポケモン愛”を披露した。

 同ゲームを実際にプレイしているという佐藤。「どういうシチュエーションで『ポケモンGO』をする?」との質問には、「仕事でいろいろな場所に行くので、現場に行ったらまず(画面を)開きますね。友達と一緒に狩りに出掛けたりもします。水辺に行かないと出てこないやつもいるので、お台場の方に行ったりしてます。楽しいですね」と笑顔で話した。

 また、株式会社ポケモンの石原恒和社長と「ポケモン交換」機能を実演する一幕もあった。佐藤は、南米地方でしか捕まえられないレアなポケモン「ヘラクロス」を社長からもらうと、「ヘラクロスだ!ヘラクロスが欲しくて、南米に行こうかなと思っていたので、うれしいです」と声を弾ませていた。

 新CMは21日から全国で放映開始。