エンタメ

東出昌大&瀬戸康史、恋愛質問に苦笑 「ふられたことは、あります」

東出昌大&瀬戸康史、恋愛質問に苦笑 「ふられたことは、あります」 画像1

 映画『寝ても覚めても』の初日舞台あいさつが1日、東京都内で行われ、出演者の東出昌大、唐田えりか、瀬戸康史、山下リオ、渡辺大知、伊藤沙莉と濱口竜介監督が登壇した。

 柴崎友香氏の同名恋愛小説を映画化した本作は、同じ顔をした2人の男と、その間を揺れ動く女・朝子(唐田)の8年間を、丁寧にかつスリリングに描いた衝撃作。ミステリアスな自由人である麦と、実直なサラリーマンの亮平という、全く違う性格の2人を、東出が一人二役で演じた。

 この日は、映画の内容にちなみ「恋愛観」についての質問があった。司会者から「失恋したことはないのでは?」と聞かれた瀬戸は「いやいやいや。ありますよ」と苦笑し、「それこそ初めてお付き合いした彼女…。中学2年から高校1年まで付き合いましたが、彼女が本能のおもむくままに行動した結果、僕はふられまして。その日は『神様~、なぜこんな仕打ちを~!』と壁をたたいた経験があります」と語り、会場を盛り上げた。

 一方、既婚者の東出は「僕の恋愛観はいいんでないかな…」と話題をそらそうとしたが、司会者から「東出さんはきっとふられた経験はないでしょう」と突っ込まれると、「あります、あります。普通に告白してふられたことはあります」と明かした。

 また「いちずに朝子を思う亮平と、つかみどころのないミステリアスな麦、自分だったらどちらの男性を選ぶか?」という質問には、女性キャスト全員が「亮平」と回答した。

 唐田が「生涯を共にするなら亮平みたいな優しい人がいい」と理由を語ると、山下も「麦は危ない。心を持っていかれると、こっちの心も死んじゃう。それは嫌だな」とコメント。伊藤も「不安定な人とは付き合えない。やっぱり心身ともに安定していたいので」と続けた。

 ところが「どちらが実際の自分に近い?」と聞かれた東出は、「僕は完全に麦ですね」と即答。濱口監督が「会場がサーッと引いている」と観客の心を代弁して笑わせた。

舞台あいさつの登壇者たち