エンタメ

岡田将生、落語は「自分との戦い」 「昭和元禄落語心中」で主人公を熱演

岡田将生、落語は「自分との戦い」 「昭和元禄落語心中」で主人公を熱演 画像1

 ドラマ10「昭和元禄落語心中」のスタジオ取材会が12日、東京都内で行われ、出演者の岡田将生、竜星涼、大政絢、篠井英介、平田満、山崎育三郎が出席した。

 本作は、雲田はるこ氏の人気漫画『昭和元禄落語心中』をドラマ化。戦争の時代の落語家たちの生きざま、芸の絆に結ばれた若者たちの熱い友情、師弟や男女の情愛・嫉妬・別れを描く。

 主人公の有楽亭八雲(菊比古)を演じる岡田は「落語は本当に難しくて、4月から稽古を始めたのですが、(監修の落語家である柳家)喬太郎師匠から、少しずつ『上手になってきた』と褒められるたびに落語が好きになってきました」とにっこり。「暑い中、着物を着てやるのは大変ですが、スタッフキャスト一同、良いドラマを作るために頑張っているので楽しみにしてもらえたら」と呼び掛けた。

 落語をやってみての感想については、「孤高な感じ。実際に高座に立つと、自分だけでどうお客さんに見せていくかを考えなければならない。ストーリー構成、キャラクター設定もできるので、一人で監督をしながら演出もつけて…みたいな感じ。自分との戦いですね」としみじみ語った。

 好きな演目を問われると「死神」を挙げ「僕が最初に習ったのも『死神』。菊比古も『死神』と出会うことで変わっていくので特別な感情があります」と回答。また「先月僕、誕生日だったのですが、『死神』という日本酒をもらいました。誕生日に飲むものなのか、少し複雑ですが、まだ飲めていないので、これが終わったらみんなで飲めたら良いな」と語り、笑わせた。

 一方、天才落語家・有楽亭助六(初太郎)役の山崎は「普段、自分はミュージカルとかだと、割と爽やかな『プリンス』と言われることもあるのですが、助六は自分とは正反対のガサツで女好きで破天荒な役。僕にとっても新たなチャレンジなので、全身全霊で挑みます」と笑いを交えながら意気込んでいた。

 ドラマはNHK総合で10月12日金曜日、午後10時からスタート。全10回。