エンタメ

生駒里奈、東京大学で“お金”を学ぶ 「ためるのが好き」「投資も考えたい」

生駒里奈、東京大学で“お金”を学ぶ 「ためるのが好き」「投資も考えたい」 画像1

 「100年大学 お金のこと学部 開学記念特別講座」が4日、東京大学・安田講堂で開催され、元乃木坂46でタレントの生駒里奈が登場した。

 同講座は、“人生100年時代”を見据えて、これからのお金との向き合い方や証券投資について学び、考えてもらうことを目的として実施されたもの。アカデミックガウンを羽織って登場した生駒は、「私自身は大学に行かなかったので、こういう格好ができてうれしいです」とにっこり。お金については「結構ためるのが好き。今は毎月、通帳の貯金額を見てニヤニヤするのが日課です。たまっていくのがすごくうれしいですね」とちゃめっ気たっぷりに語った。

 金額については「仕事をやめた時に、自分のお金だけで生活に困らないようにはしています」とコメント。「結婚資金?」と聞かれると「若い時に頑張ったお金できれいなドレスが着られたらうれしいですね」と微笑みながら、「目標は実家の両親にこっちに住んでほしい。将来はどうなるかわからないけど、こっちで結婚すると思うし…」などと語っていた。

 “生駒ファン”という東大生から「今後どういうタレントになりたいか」と聞かれると、「卒業してから、自分単体を売ることになったのですが、自分の中で変わらない見せ方というのは、イベントや舞台に来てくれた人を必ず感動させるこということですね」ときっぱり。「卒業を機にお金に対する考えが変わったか」と問われると「自分だけの稼ぎだけで自分を養っていくというのはリアルに感じました。お金がないと人間、生きていけない。私は安定してない職業なので、投資や保険などについても、前よりはちゃんと考えていかなきゃなと思います」と気を引き締めていた。

 15歳で上京する際に、金銭面で両親に助けてもらったという生駒。「お金だけでなく恩もある。誰かが困った時、自分に余裕があったらそのお金で助けてあげたい。そういう考えを持てたのは親のおかげ」と感謝の言葉を述べていた。