エンタメ

【2.5次元インタビュー】「サンリオ男子」笹森裕貴&吉澤翼 話題作の舞台化への思いを語る「原作から抜け出てきた人だと思われるように」

【2.5次元インタビュー】「サンリオ男子」笹森裕貴&吉澤翼 話題作の舞台化への思いを語る「原作から抜け出てきた人だと思われるように」 画像1

 サンリオキャラクターが大好きな男子高校生たちの日常を切り取り、ゲームやアニメなどさまざまなメディアでオリジナルストーリーを展開する「サンリオ男子」。メディアミックスプロジェクトの一つとして始動した、「ミラクル☆ステージ『サンリオ男子』」は、サンリオ男子たちの日常を、芝居、歌、ダンスで表現する舞台作品だ。本作で、水野祐役を演じる笹森裕貴と吉野俊介役を演じる吉澤翼に公演への意気込みを聞いた。

吉野俊介(吉澤翼)(左)と水野祐(笹森裕貴) (C)2015,2018 SANRIO CO.,LTD. ミラクル☆ステージ『サンリオ男子』製作委員会 2018

-出演が決まったお気持ちは?

笹森 アニメを見させていただいたのですが、僕の演じる水野祐くんがスーパーすごい子だということを知り、最初は不安な気持ちになりました。実は、僕、この作品が舞台初出演なので、緊張もありましたし、大丈夫かなって。でも、「好きなものを好きって言って何が悪いんだ」というこの作品のメッセージに共感して、ぜひやりたいと思いました。

吉澤 「サンリオ男子」を知っていくうちに、これをどう舞台化するのか楽しみになり、出演できることをうれしく思いました。

-ミラクル☆ステージ『サンリオ男子』のキャストさんたちは、サンリオピューロランドなどで開催されるイベントに定期的に出演されています。舞台上演前にステージに立たれるというのは、舞台作品としては珍しいことですね。

吉澤 幕が開く前にお客さんの感想が分かるのはありがたいなと思います。イベントを重ねることで、お客さんたちに自分のキャラクターを浸透させることができると思うので、お客さんにもキャラクターをしっかりと把握した上で舞台を見ていただけるというメリットがあると思います。

笹森 僕は初めての舞台なので、ほかの舞台と違うかどうかも分からないのですが(苦笑)。でも、僕はピューロランドのイベントに毎月出演させていただいているので、ほかのキャストに比べて「サンリオ男子」としての経験値は一番高いんですよ!(笑) だから、僕が引っ張っていけたらいいなと思っています。イベントに出演しているからこそ、お客さんが求めているものにも気付くことができたので、一人でも多くの方にすてきだなと思ってもらえる作品にできるよう頑張ります。

-役を演じる機会が増えたことで、役への思いも深くなったと思います。今、ご自身の役柄についてはどのように捉えていらっしゃいますか?

吉澤 僕の演じる吉野俊介は、自分と似ているところも多かったので、役には入りやすかったんです。ただ、淡々としゃべるので、そこは今でも難しいなと思ってます。

笹森 水野祐は、チャラいところがあるキャラですが、仲間や妹を思う優しさを持っています。最初はただチャラいだけだと思っていたのですが…その奥にある気持ちや、隠れた性格に気付いたとき、改めてお芝居は難しいなと思いました。まだ自分の満足のいくように演じられていないので、舞台本番までには、さらにしっかりと作り込んで、皆さんにも納得してもらえるような祐くんを作りたいです。