エンタメ

北川景子「まばたきをしないで見て」 田中圭「景子ちゃんが『キスしたくない』って…」

北川景子「まばたきをしないで見て」 田中圭「景子ちゃんが『キスしたくない』って…」 画像1

 映画『スマホを落としただけなのに』の完成披露試写会が8日、東京都内で行われ、出演者の北川景子、千葉雄大、成田凌、田中圭、中田秀夫監督が登場した。

 本作は、彼氏がスマホを落としたことで個人情報が流失し、成りすまし、ストーキングなどの被害に遭った揚げ句、命まで狙われてしまう派遣社員・麻美(北川)の姿を描く“SNSミステリー”。

 北川は「スマホの使い方を見直してみようかなって思える映画です。この映画を見て、SNSがはやっても、やっぱり人と人の絆って心でつながっているものなんだなって思いました」とアピールした。

 北川の彼氏役を演じた田中は、“田中の家で北川と仲直りをするシーン”の撮影について、「台本には『仲直りのキスをする』って書いてあったんですけど、景子ちゃんが『したくない』って言っていて。でも一生懸命キスをしにいきました」と告白した。

 これに対して北川は「『したくない』っていうと語弊があるけど、役柄上、もうちょっと(キスシーンを)小出しにした方がいいんじゃないかなと思ったんです」と弁明して、笑いを誘った。

 また、撮影時のエピソードを聞かれた成田は「僕は芝居中に千葉くんによだれを垂らしてしまいました。こうなる(千葉の上に成田が乗る)シーンで、赤ちゃんのグーぐらいのよだれがボターッて垂れていたんですけど、最後まで(千葉が)やり遂げてくれたので、感謝しています。ごめんなさい」と謝罪した。

 また、先日放送されたバラエティー番組で、4分間、まばたきをしなかったことが話題となった北川は「人間は頑張れば、成し遂げられるんだなって思いました」とにっこり。観客に「皆さん、まばたきをせず、(本作を)ご覧になってください」と呼び掛けて、会場を沸かせた。

 映画は11月2日から全国東宝系でロードショー。

(左から)中田秀夫監督、千葉雄大、北川景子、田中圭、成田凌