エンタメ

北川景子、野木亜紀子脚本で初の記者役 「マスメディアの情報には必ず偏りがある」

北川景子、野木亜紀子脚本で初の記者役 「マスメディアの情報には必ず偏りがある」 画像1

 NHK土曜ドラマ「フェイクニュース」の試写会が11日、東京都内で行われ、主演の北川景子、脚本家の野木亜紀子氏ほかが出席した。

 ヒットドラマ「アンナチュラル」「逃げるは恥だが役に立つ」(いずれもTBS系)などの脚本家・野木氏が手掛ける本作。ネット上に氾濫する「フェイクニュース」を切り口に、大手新聞社からネットメディアに出向してきた東雲樹(北川)が、事実を追い求め、孤軍奮闘する姿を描いた社会派エンターテインメントとなっている。

 北川は、記者役に初挑戦。「私はこの世界に入って15年ぐらい。記事に取り上げてもらうことはあっても、書く側の気持ちはあまり考えたことがなかった。記者といっても人それぞれ。女性だったら結構カジュアルな方もいればスーツの方もいる。スタンスや質問の切り口も本当に人によって違う。基本的には野木先生が書かれた東雲樹というキャラクターを大切にしようと思いながらやっていました」と振り返った。また、「樹はつらい過去を乗り越えてきた人物。精神的な強さ、我慢強さ、思慮深さを描きたいと思いながら演じていました」と話した。

 「本作を通してネットニュースに対して考え方が変わったか?」という質問には、「この作品をやったから変わったということは特にない。私自身、非常に慎重な性格でマスメディアの情報には必ず偏りがあると認識している人間です」と答えた北川。「同じ事柄や事件を取り扱っていても、報じるスタンスや切り込む角度がメディアによって必ず変わってくる。幼い頃から、目にした情報をうのみにしないことと、聞き比べや見比べをしてみて取捨選択することが大事だと、ずっと思ってきた」といい「日頃から自分が感じていたことを、作品を通じて皆さんに投げかけられるのが良かった」と語り、ほほえんだ。

 ドラマはNHK総合で10月20日に前編、10月27日に後編を、それぞれ午後9時から放送。