エンタメ

佐藤健「一生さんは他人に興味がない人なのかな?」 高橋一生「健くんはずっと怒っているのかな?」

佐藤健「一生さんは他人に興味がない人なのかな?」 高橋一生「健くんはずっと怒っているのかな?」 画像1

 映画『億男』の初日舞台あいさつが19日、東京都内で行われ、出演者の佐藤健、高橋一生、黒木華、池田エライザ、沢尻エリカ、北村一輝、藤原竜也と大友啓史監督が登壇した。

 本作は“お金と幸せのあり方”を問うマネーエンターテインメント。佐藤が3億円の宝くじに当選した主人公・一男役を、高橋はその親友の九十九役を演じた。

 映画の宣伝などで仲の良さを披露してきた2人だが、佐藤は「最近やっとしゃべれるようになってきた。撮影中はかなりお互い探り合っていましたから。“一生さんは他人に興味がない人なのかな”と思っていたので、離れたところから観察していたんです」と告白した。

 高橋も「僕も“健くんはずっと怒っているのかな”と思い、探り探りでした。役でいる時間が長かった。最近やっと連絡先を交換したぐらいです」と意外な事実を明かして、観客を驚かせた。

 そんな2人が劇中で演じたのは“親友役”。佐藤が「そういう意味では技術のある方で良かった。芝居力のある一生さんとだからこそあのシーンが成立したんだと思う」と語れば、高橋は「そんなことない。ただただ(僕の)仲良くなりたいというエネルギーです」と返して、照れ笑いを浮かべた。

 会場では映画のタイトルにちなみ、佐藤と高橋について「『○○男』であると思うか」をそれぞれが発表した。佐藤について「色男」と答えた高橋は「一般的な色男だけでなく、駄目駄目な男も演じられる、いろんな色を持っているという意味での色男です」と説明した。

 同じ回答を寄せた黒木も「やっぱり色っぽい方だなって思うんです。ふとしたときに目を細められたりして(私は)『おぉっ!?』となります」と語った。

 一方、佐藤は高橋を「商売上手男」と紹介した。自転車好きの高橋と話をしていたところ「『それ、めっちゃいいじゃないですか!』となり、気付いたら僕がそのチャリを買っていた」とエピソードを披露した。

 さらに「さっきも僕が安い歯ブラシで歯磨きをしていたら、一生さんは3万ぐらいする電動歯ブラシを持って登場し、『これすごくいいんだよ』と。多分、僕はその歯ブラシを買うんです」と笑わせた。

(左から)黒木華、佐藤健、高橋一生、藤原竜也