エンタメ

菅田将暉「僕はテディベアみたいだったでしょ」 趣里、エキセントリックな役に共感 

菅田将暉「僕はテディベアみたいだったでしょ」 趣里、エキセントリックな役に共感  画像1

 映画『生きてるだけで、愛。』の完成披露上映会が20日、東京都内で行われ、出演者の趣里、菅田将暉、仲里依紗、西田尚美、石橋静河、織田梨沙と関根光才監督が登壇した。

 本作は、本谷有希子氏の同名小説を映画化。過眠症のせいで引きこもり状態の寧子(趣里)と、出版社でゴシップ記事の執筆に明け暮れながらも寧子との同居を続ける津奈木(菅田)の関係が、元カノ(仲)の登場で徐々に変化するさまを描く。

 趣里は「脚本を読んだときに、ものすごいエネルギーを感じたので、その初期衝動を大切に演じました。外から見たら難のあるキャラクターだけど、生きていたら楽しいことだけではなく、悲しいこと、どうしようもないこともある。なので、寧子にたくさん共感できる部分がありました」と役柄への思いを語った。

 菅田との共演については「楽しかったです。菅田さんはとても自然体の方。現場でも本当にこのままでいてくださって、寧子のちょっとエキセントリックな部分をしっかり受けとめてくれました」と感謝し、撮影の合間に菅田からボクシングを教わったエピソードも披露した。

 逆に菅田は、趣里からストレッチを教わったそうで「(趣里は)体がすっごい柔らかくて、こっちはごっつ硬いから。(僕は)テディベアみたいだったでしょ」と振り返り、笑わせた。

 また映画にちなみ「相手と気持ちがつながった瞬間」について聞かれた趣里は「言葉じゃない。舞台をやっていると、お客様と通じ合える瞬間がある。実際に顔が見えているわけではないけど、空気で何かを感じときがあって、そんなときは本当に幸せです」と答えた。

 一方、菅田は「コンビニに入ったら、『愛が~』と俺の曲(『さよならエレジー』)が流れ、店員さんと目が合った。“この曲かけたのこの人かな?”って。有線かもしれないけど、その瞬間は間違いなくシンクロしていました」と語り、笑わせた。

 仲は夫で俳優の中尾明慶とのエピソードを披露。「旦那さんの仕事が終わるころかな?と思って、『終わった?』と聞くのと同時に『終わった』とラインがくることが結構ある。分かり合えているのかなって…」と幸せそうに語った。

 映画は11月9日から新宿ピカデリーほか全国ロードショー。