エンタメ

巨人・菅野投手が2年連続「東京ドームMVP賞」 岡本選手は「東京ドームMVP特別賞」

巨人・菅野投手が2年連続「東京ドームMVP賞」 岡本選手は「東京ドームMVP特別賞」 画像1

 「2018年度 東京ドームMVP賞」表彰式が23日、東京都内で行われ、プロ野球、読売巨人軍の菅野智之投手と岡本和真選手が出席した。

 今季セ・リーグの最多勝、最優秀防御率、最多奪三振のタイトルを獲得し、東京ドームでも10勝3敗(完投6、完封6)、防御率1.68、奪三振102と、いずれもチームトップの成績を記録した菅野投手が「東京ドームMVP賞」(賞金300万円)を受賞した。

 2年連続3度目の受賞に、菅野投手は「とてもうれしいですが、来年は票が割れるぐらいに活躍する選手が出てきてくれたら。僕もそれに刺激を受けてもっといい成績を出せると思うし、切磋琢磨(せっさたくま)しながら、次は優勝してここに戻ってきたいと思います」と宣言した。

 3度目の受賞は、松井秀喜氏、阿部慎之助選手に並び球団最多タイとなる。菅野投手は「日本球界を代表する2人の選手と並べてうれしいのはもちろん、その名に恥じない活躍をしていかなければ…と身の引き締まる思いです」と語った。

 印象に残っている東京ドームの試合には「DeNAとの最終戦」を挙げ、「今年だけじゃなくて、僕がプロに入って一番うれしかった完封でした」とコメントした。

 菅野投手は「毎年、高い目標設定をしてそれをクリアーするというのを常に自分の中で意識を持ってやってきた。来年は6完封以上、できればCS(クライマックスシリーズ)でやったノーヒットノーランみたいなことができれば」と意気込みを語った。

 また、史上最年少で「打率3割、30本塁打、100打点」を達成し、東京ドームでもチームトップとなる13本塁打を放った岡本選手に「東京ドームMVP特別賞」(賞金100万円)が贈られた。

 岡本選手は初の表彰に「賞状は卒業式でもらったぐらい。去年のことを考えると、ここにいることは想像もできなかったのでうれしい」と満面の笑み。

 それでも「今年で満足はしていない。来年は今年の数字よりも遥かに上にいけるようにしっかり東京ドームで頑張ります」と力強く語った。