エンタメ

岩田剛典、車椅子生活の同級生から連絡 「自分の仕事が少しでも力になれたのがうれしい」

岩田剛典、車椅子生活の同級生から連絡 「自分の仕事が少しでも力になれたのがうれしい」 画像1

 映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』の大ヒット記念舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者の岩田剛典、杉咲花、原作漫画を描いた有賀リエ氏、原作のモチーフとなった建築士の阿部一雄氏が出席した。

 本作は、インテリアコーディネーターとして働くヒロイン・川奈つぐみ(杉咲)と、事故で車椅子生活になっていた初恋の先輩・鮎川樹(岩田)との純愛を描いた物語。

 岩田は「少女コミックは初めての挑戦。よくある胸キュンシーン満載の作品なのかなと思って読んだら、感動的で涙が出そうになった」と明かした。役作りについては「一番気を付けたのが、車椅子に乗っている時の所作や姿勢。作品として一番うそをついてはいけない部分だと思ったので、スタッフさんと綿密に動作を確認しながら丁寧に撮っていきました」と振り返った。

 阿部氏も岩田の演技を高く評価し、「これまで車椅子を描いたドラマや映画には物足りなさを感じていたが、今回は非常にリアルだった。“がんちゃんスマイル”って有名だと思うけど、その中でも岩田さんの少し影のある表情がうまかった」と絶賛した。

 また、映画にちなみ、「最近、奇跡だと思ったことは?」と尋ねられた岩田は、本作の公開直後に大学時代の同級生から数年ぶりに連絡をもらったことを紹介。

 「ラグビー部の夏合宿で脊髄を損傷して車椅子生活をしている彼が、『車椅子(生活)やバリアフリーについての社会問題を若い世代の人たちに知ってもらう機会を、同級生(岩田)が作ってくれたのがうれしい』と言ってくれた。大人になってから、同級生と作品を通じてつながれたのは奇跡だと思ったし、自分の携わった仕事が少しでも力になれたのがうれしい」としみじみ語った。

(左から)有賀リエ氏、岩田剛典、杉咲花、阿部一雄氏