エンタメ

ジャニーズJr.「Snow Man」、舞台でトリプル主演 「無人島でもアイドル」、渡辺翔太の必携品は…

ジャニーズJr.「Snow Man」、舞台でトリプル主演 「無人島でもアイドル」、渡辺翔太の必携品は… 画像1

 舞台「愛と青春キップ」の公開舞台稽古が25日、東京都内で行われ、トリプル主演を務める、ジャニーズJr.の内ユニットであるSnow Manの岩本照、渡辺翔太、阿部亮平が囲み取材に応じた。

 3人にとって“初の外部舞台”となる本作は、ダンスに青春を懸けた若者たちの成長ストーリー。若者たちが偶然に乗り合わせた船が嵐に遭遇して難破、無人島に漂着し、ダンスと歌の力で苦境に立ち向かう姿を描く。

 初日を迎えた心境を問われた岩本は「ドキドキワクワクです」とにっこり。渡辺も「僕らはずっとジャニーズの中でやってきたので、今回は初めてご一緒する方が多い。リハではすごく緊張していたけれど、いざこの日を迎えたら楽しもうという気持ちが大きい」と声を弾ませた。

 阿部は「ダンスって何だろうと考えさせられる作品。僕らのダンスを見て情熱を感じてもらえたら」とアピール。「キレキレに踊るための秘訣」について岩本は、キャスト同士の「コミュニケーション」を第一に挙げ、「こういう風に踊って見せよう、などと一切考えてない人たちと出会った。チームワークをより深くすることがダンスや芝居をより良くするコツだと思う」と話した。

 また、「無人島に1つだけ持っていけるものがあれば、何を持っていくか?」という質問に、阿部は「気象学の本。僕は気象予報士の資格を持っているので、気候のことが分かったらその島の位置なども分かるかも」と語り、「僕の歌と踊りと芝居で、お客様全員の心を雲ひとつない快晴にしたい」と意気込みを語った。

 岩本は「メンバーや家族の写真。それを見て元気を出す。ナイフとかトレーニング用品は無人島でも作れるので」と回答。渡辺は「リップクリーム。唇が乾燥すると艶やかさがなくなる。無人島にいても僕はアイドルなので」と答え、笑いを誘った。

 舞台は10月25日~11月11日、都内のオルタナティブシアター、11月17日~18日、京都劇場で上演。