エンタメ

西島秀俊「気球のシーンは結構恐かった」 「前腕がすごい」と濱田マリの意外な一面を暴露

西島秀俊「気球のシーンは結構恐かった」 「前腕がすごい」と濱田マリの意外な一面を暴露 画像1

 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』の公開記念舞台あいさつが27日、東京都内で行われ、出演者の波瑠、西島秀俊、岡山天音、深水元基、濱田マリと波多野貴文監督が登壇した。

 本作は、憧れの会社に入社したものの、田舎の遊園地に配属され、ふてくされていた主人公(波瑠)が、“魔法使い”と呼ばれるカリスマ上司(西島)と出会い、仕事をする楽しさに目覚めていく姿を描く。

 波瑠は「クランクアップが去年の10月。やっと公開の日を迎えられたことをうれしく思います」と感慨深げに語り「新社会人の方も、何年も働いて上司の立場の方も、この映画を見て“楽しく仕事をしたいな”と思ってもらえたら」とアピールした。

 西島は「座長の波瑠ちゃんを中心にチームとしてまとまり、素晴らしい現場で撮影できました。とてもすてきな作品なので、ちょっと仕事に疲れたときや、仕事と恋愛のバランスに悩んだりしたら、ぜひ劇場に足を運んでください」と呼び掛けた。

 また、劇中では気球に乗るシーンがあった西島は、撮影を振り返り「上り出したらフワッと急に上がったりするので、結構恐かったです」と回想。

 「自然のところだと、動物たちが下を走ってたりしてとても気持ちが良さそうです。ただ僕は上ってすぐ降ろされて、またちょっと上って降ろされて…を繰り返していたので、あまりその楽しさは味わえませんでしたが…」と苦笑交じりに振り返った。

 さらに西島は「長袖を着ていて分からないと思いますが、濵田さんはボルダリングをやっていて前腕がすごいんです」と濵田の意外な一面を暴露。濵田が「ここで言うことか…」と絶句し、笑いを誘った。

(左から)濱田マリ、岡山天音、波瑠、西島秀俊、深水元基、波多野貴文監督