エンタメ

平野紫耀、休養発表の岩橋玄樹を「応援して」 中高生600人の前で“初恋”の課外授業

平野紫耀、休養発表の岩橋玄樹を「応援して」 中高生600人の前で“初恋”の課外授業 画像1

 映画『ういらぶ。』の公開前イベント ハロウィンパーティ&「初恋の日」課外授業が30日、東京都内の学校で行われ、出演者の平野紫耀(King&Prince)、桜井日奈子、佐藤祐市監督が出席した。

 本作は、幼なじみに好きと言えず、ドSのフリをする“超こじらせ男子”の凛(平野)と、ネガティブ思考のピュアなヒロイン優羽(桜井)の恋模様を描く。

 3人は約600人の中高生を前に、ハロウィーンの仮装姿で登場した。割れんばかりの大歓声の中、平野は「短い時間ですが、楽しい時間にしましょう」と笑顔で呼び掛けた。

 先日、King&Princeメンバーの岩橋玄樹がパニック障害で休養を発表したことについて平野は「ファンの皆さんやスタッフさんにご心配をお掛けして、大変申し訳なく思っています」と謝罪した。

 続けて「彼は『絶対に戻ってくる』と言ってくれたので、僕たちは彼の病気のことを理解しつつ、彼が戻ってきやすい環境を保ってあげたいと思います。しばらくは5人で活動しますけど、これからもKing&Princeと彼が戻ってくることを、応援してくださるとうれしいです」と思いを語った。

 また、3人は作品にちなみ、特別講師として生徒たちに“初恋”の課外授業を行った。「体育」の授業では、映画の主題歌「High On Love!」に合わせて、平野がダンスを指導。生徒らと全員で完成したダンスを踊ると、平野は「完璧です。もう皆さんがKing&Princeです」と太鼓判を押した。

 「英語」の授業では、平野は「2年間英会話を習ってたんですけど、覚えた言葉がオクトパスだけなんですよね。全然分からない」と英語はさっぱりの様子だったが、「大好き過ぎて『好き』って言えない」という意味の英語をウイスパーボイスで披露し、最後は投げキッスで生徒たちを魅了した。

 「国語」の授業では、自身の初恋を題材にした俳句を詠む一幕も。桜井が中学生のときの初恋の思い出の一句として「大事件 今日で2回 目があった」と読むと、平野は「初々しい。めちゃくちゃかわいいです」と笑顔で感想を述べた。

 対する平野は「目の中に ハートができた 4歳児」と俳句を読み上げると、「4歳の頃の初恋です。幼稚園の先生だったんですけど、あの包容力にやられました。怒るときはちゃんと怒ってくれて、4歳児ながらに愛のムチ的なことを覚えました。やられちゃいました」と告白して、会場を盛り上げた。

 映画は11月9日から全国ロードショー。

(左から)佐藤祐市監督、平野紫耀、桜井日奈子