エンタメ

竹内涼真、志尊淳の「男らしさにドキドキ」 「じゅんじゅん」「涼くん」の仲

竹内涼真、志尊淳の「男らしさにドキドキ」 「じゅんじゅん」「涼くん」の仲 画像1

 映画『走れ!T校バスケット部』公開直前!ユニフォーム限定試写会が31日、東京都内で行われ、出演者の志尊淳と竹内涼真が登場した。

 本作は、いじめによって大好きなバスケを諦めた名門校の元エース・田所陽一(志尊)が、編入した学校で新たな仲間たちと夢に向けて走り出す姿を描いた青春ストーリー。竹内は、大学バスケット界のスター選手・佐藤準役として友情出演した。

 2人の共演は、映画『帝一の國』、ソフトバンクのCMシリーズに続き、3回目。2人が普段から互いに「じゅんじゅん」「涼くん」と呼び合っていることを明かすと、客席からは「キャー!」という黄色い悲鳴が発生。すかさず竹内は「そんなに萌えるところじゃないから!」と突っ込みを入れ、笑いを誘った。

 さらに「烈車戦隊トッキュウジャー」(志尊)、「仮面ライダードライブ」(竹内)でそれぞれ主演するなど、“特撮出身”という共通点もある2人。志尊の印象を改めて問われた竹内は「じゅんじゅんは容姿がかわいいけど、男らしいところがあってそのギャップがずるい。中性的な役もやっているけど、そこに垣間見る男らしさに俺は結構ドキドキする。すごく格好いい。ペットのやつ(『きみはペット』)とか、『エロいな』と思いながら見ていました」と熱く語った。

 一方、志尊は竹内について「最初はすごく爽やかな好青年だと思っていた。でも『帝一の國』の途中に、涼くんの中で“開放”という言葉が出てきて。その開放した涼くんが、まあ面白かった」と、イメージがガラッと変わった瞬間を振り返った。さらに、「非の打ち所がないし、飾らなくて皆さんからすごく愛される、本当に、魅力そのまんまの人」と絶賛していた。

 映画は11月3日に公開。