エンタメ

香取慎吾、“おいしくて優しい香港”をPR 現地で壁画制作「皆さんとつながっている」

香取慎吾、“おいしくて優しい香港”をPR 現地で壁画制作「皆さんとつながっている」 画像1

 「香港ウィーク 2018 Greater Bay Area Showcase」のオープニングセレモニーが1日、東京都内で行われ、俳優でアーティストとしても活躍する香取慎吾がゲストで登壇した。
 このイベントは、香港政府観光局が11月1日~同4日に、丸の内の商業施設「KITTE」で開催。新しい香港の文化や食の魅力と、インフラの整備によりアクセスが良くなる広東・香港・マカオ大湾区(グレーターベイエリア)の魅力を紹介する。
 今年3月に香港島中環(セントラル)で国外初のストリート・アート(壁画)を制作した香取は「絵を描かせてもらいに行ったはずなのに、おいしいご飯をたくさんいただいて…。街の人々も笑顔にあふれていて、本当に“おいしくて優しい香港”でした」と旅の思い出を振り返った。
 壁画のタイトルを「大きなお口の龍の子」とした理由については、「仕事で香港に約20年前行った時に、香港の皆さんが僕のことをニックネームで『大きなお口の男の子』と呼んでくれた。その男の子が20年たって『大きなお口の龍の子』になって帰ってきたよというタイトルにしました」と説明した。
 完成以来、実際に同所を訪れた人々が壁画写真をSNS上にアップするなど反響を呼んでいることについては、「うれしいですね。写真で撮られたものを、今すぐに見ることができて、いいな!と思ったら、自分で『イイネ!』をすることができる。皆さんと日本にいる僕もつながっているんだなって」と声を弾ませた。
 同イベントでは、壁画のレプリカも展示されており、香取は「ここでまた写真を撮ってSNSで拡散していただけたら、僕も『イイネ!』したいと思います」とファンに呼び掛けた。