エンタメ

2.5次元で人気の小澤廉が映画単独初主演 “パンチ頭”で「パンチが効いているなあ」

2.5次元で人気の小澤廉が映画単独初主演 “パンチ頭”で「パンチが効いているなあ」 画像1

 映画『新宿パンチ』初日舞台あいさつが1日、東京都内で行われ、出演者の小澤廉、吉倉あおい、毎熊克哉、財田ありさ、矢柴俊博、城定秀夫監督が出席した。

 本作は、新宿・歌舞伎町で繰り広げられる男たちの熾烈(しれつ)なスカウト戦争を描く。2.5次元ミュージカルに多数出演し、人気を博している小澤が映画単独初主演を務めた。

 童貞でパンチパーマのスカウトマン道場方正を演じた小澤は、劇中の“パンチ頭”で登場すると、「応援してくださっている皆さんの前に、『新宿パンチ』を届けられたことをうれしく感じています」と笑顔で公開の喜びを語った。

 小澤は道場について「童貞で100人の女性からフラれて、しかもパンチパーマで…、パンチが効いているなあって思いました。演じがいのある役どころでした」と振り返った。

 撮影時の思い出を聞かれると、「(ヒロインの)吉倉さんの手を僕が引っ張って、一緒に逃げるシーンのときに『僕が速過ぎたら、ちょっと無理って信号を送ってね』って言っていたんですけど、いざ(撮影が)始まったら、吉倉さんは足が速くて、僕のことを追い越そうとするんですよ」とエピソードを披露した。

 一方、吉倉は「正直遅いなって思って。私はヒールだったんですけど、ちょっと(速度を)緩めました」と明かして、笑いを誘った。

 また、作品にちなみ“パンチが効いている話”を求められた小澤は「最近、京都に仕事で行っていたんですけど、次の日の朝の仕事が早まって、打ち上げとかも参加せずに、新幹線にバーッと乗って、疲れて家に帰ってきたら、電気が止まっていたんですよ。ハ~ッてなって、水風呂に入ってそのまま寝ました」と明かして、会場を驚かせた。

(左から)財田ありさ、吉倉あおい、小澤廉、毎熊克哉、矢柴俊博、城定秀夫監督