エンタメ

二宮和也「御守年賀状を送りたい」 「メンバーとは飽きることなくずっと一緒にいる」

二宮和也「御守年賀状を送りたい」 「メンバーとは飽きることなくずっと一緒にいる」 画像1

 「平成31年用年賀状 引受セレモニー」が17日、東京都内で行われ、年賀状コミュニケーションパートナーの二宮和也(嵐)、フリーアナウンサーの加藤綾子、シュートボクサーのRENAが出席した。

 日本郵便では「いいじゃん、それぞれの年賀状。」をキャッチコピーに、自分らしい年賀状のやり取りを楽しんでもらいたいという思いを込めて「プリデコ年賀状」や「飛び出す年賀状」などバラエティーに富んだラインアップを展開する。セレモニーでは、登壇者が自身が送りたい年賀状を発表した。

 二宮は折りたたむとお守りの形になる「御守年賀状」を挙げ、「これはポスター撮影でも僕が持っていた年賀状ですけど、進化系年賀状を、若い世代に楽しんでいただきたいということで、幸せな気持ちがもっと広がってほしいとの思いがこもっております」とアピールした。

 続けて二宮は「(CMを)見ていただけると分かるんですけど、いろいろな世代の方とご一緒して撮影したので、みんなで集まって年賀状を書くことが、年末の風物詩みたいな感じになっていて、すごく良かったです」と振り返った。

 また、若い世代の多様性になぞらえれて、嵐のメンバーの個性について触れられると、二宮は「5人でいるときもそうだけど、1人で仕事をしているところでいろいろな経験をさせていただいて、それを持って帰ってグループで活動したりするので、(メンバーとは)飽きることなくずっと一緒にいます」と話した。

二宮和也(左)とRENA