エンタメ

新田真剣佑、悩まなかった人生の“大きな決断” 「すぐに決める派なので」

新田真剣佑、悩まなかった人生の“大きな決断” 「すぐに決める派なので」 画像1

 映画『十二人の死にたい子どもたち』のジャパンプレミアが9日、東京都内で行われ、出演者の杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜、橋本環奈ら総勢12人のキャストと堤幸彦監督が登壇した。

 本作は、集団安楽死を求めて廃病院に集まった12人の未成年たちの物語。楽に死ねると思っていた彼らは、予期せぬ13人目の少年の死体を発見、“この中に殺人者がいる”と疑心暗鬼に陥る。

 杉咲は「タイトルも予告も衝撃的な内容ですが、アクションも恋愛も描かれてないのにハラハラドキドキしたり、心がキュッとしたり、ひとくくりにできないのがこの映画の不思議なところ」と作品の魅力をアピール。「とっておきのラストをたくさんの方々に楽しんでもらえたら」と呼び掛けた。

 また、“大きな決断をする”ために若者が集まる本作の内容にちなみ、人生で大きな決断をした瞬間を尋ねられたキャストたち。米・ロサンゼルスで生まれ育った新田は「日本に拠点を移して役者をやっていくと決めたことですかね」と回答。「悩みませんでした。決断するときはすぐに決める派。ズルズルはいきません。(選択が)正解だったらいいなと思っています」と笑顔で振り返った。

 北村は、「勉強をして大学に行くか、役者をやるかの選択に悩んだけど、(上京して)芸能一本でやると決めたこと」と、18歳当時の決断を挙げ、「いい決断をしたなと思います」としみじみ。

 高杉も、中学時代に仕事のため福岡から上京したことだといい、「決めたのは完全に自分。親は『好きにしなさい』と言う人だったので…」と10代前半にして自ら決断したことを明かした。続く橋本は「全く同じ答えで申し訳ない」と恐縮しながら、福岡から上京した17歳当時を振り返り、「結構ザッと潔く決断しましたね」とおちゃめにほほ笑んだ。

 映画は1月25日から公開。

映画『十二人の死にたい子どもたち』のジャパンプレミアに登場した面々