エンタメ

蒼井優「人生初の司会に緊張しています」 西田敏行「ライバルの役所くんが出ているので…」

蒼井優「人生初の司会に緊張しています」 西田敏行「ライバルの役所くんが出ているので…」 画像1

 「第42回 日本アカデミー賞 優秀賞発表記者会見」が15日、東京都内で行われ、3月1日に開催される同授賞式で司会を務める、西田敏行と蒼井優が登場した。

 会見では、「最優秀作品賞」の選出候補となる「優秀作品賞」を『カメラを止めるな!』『万引き家族』『孤狼の血』『北の桜守』『空飛ぶタイヤ』の5作品が受賞したことが発表された。

 蒼井は「私が人生で初めての司会をする場が、この日本アカデミー賞という大きな舞台ということで、とても緊張しています。(授賞式が)今年もどなたかにとって忘れられない1日になることは絶対だと思うので、皆さまの喜びを一緒に感じつつ、楽しんで司会を務めたいです」と意気込みを語った。

 「注目している作品は?」と聞かれた西田は「『北の桜守』は尊敬する吉永(小百合)さんが出ているので逃せないなと思いますし、『カメ止め』は、あれだけのバジェットでよく稼いでくれたなって気になるし、『孤狼の血』も気になるけど、私のライバルの役所(広司)くんが出ているので、なるべくなら取らないでほしいな」と答えて、笑いを誘った。

 蒼井は「(『孤狼の血』の)白石(和彌)監督に肩入れしてしまうところもあるんですけど、『カメ止め』は、昔自分が『フラガール』という作品で日本アカデミー賞の場に呼んでいただけたときの興奮を思い出します」と笑顔で話した。